リラックスして寛げます

昨今、通常のソファーと比較して、座面が低いローソファーをリビングに置く人が急増しています。このローソファーを導入する事で、家族全員がリラックスして過ごせるというメリットがあります。そもそも日本人の生活は、古くから畳やこたつなどを愛用してきたことから床文化が根付いているのです。リビングに大きなソファを置いても、床にそのまま座ってソファを背もたれにしてしまう方は多いですよね。つまり、ローソファーは床の近くで腰を下ろせるので、おおいにリラックスして寛いだ時間を過ごせると言えます。

小さな子供のケガのリスクを減らせる

ローソファーには、赤ちゃんや背の低い子供・ペットなどが怪我をするリスクを減らすメリットもあります。基本的にリビングというのは大人にとって寛げる空間ですが、小さな子供にとっては危険がたくさんです。というのも、ソファの座面が高いと、子供が遊んでいる時に落ちてケガをする恐れがあるからです。また、愛犬にとっても高い座面に繰り返しジャンプをすることで腰に負担がかかってヘルニアになる恐れもあるからです。その点、座面が床に近いローソファは子どもやペットにとって非常に優しいといえます。子供の成長に合わせてウッドフレームで高さを変えられるローソファーもあるので、お店で確認するといいでしょう。

部屋が広く見える事もメリット

ローソファーをリビングに置くことで、通常よりも部屋が広く見えるというメリットもあります。その理由は、ソファーに座った時に通常よりも視線の位置が低いからです。天井とソファーの空間が広くなるので、部屋も広くなったように錯覚するというわけです。

ソファーのうち、座面の位置が通常のソファーに比べて低いものがローソファーと呼ばれています。ソファーの高さが低いこともあり、設置後の室内は、圧迫感の無いの印象をもたせます。